特集ページ
HOME プーマ Puma

プーマ Puma CLYDE FOR CLUCT MITA "CLUCT x mita sneakers" NVY/GLD/NAT

プーマ

ベースモデルは1968年に開催された「メキシコオリンピック」の陸上競技200mにてゴールドメダルを獲得しながらも、黒人への人種差別に対するブラックパワーサリュート(拳を高く掲げブラックパワーを誇示する)と言う政治的パフォーマンスが引き金となり、メダルを剥奪された陸上選手「TOMMIE SMITH(トミースミス)」氏が表彰台に上がった際に脱ぎ置いたトレーニングシューズ「CRACK(クラック)」が数々の逸話の起源とされ、1970年代に入ると「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」の中でもトップクラスの人気チーム「NEW YORK KNICKS(ニューヨークニックス)」に在籍した「WALT FRAZIER(ウォルトフレイジャー)」氏の活躍を称え、同氏の愛称を冠したシグネチャーモデル「CLYDE(クライド)」へとストーリーは発展。

目覚しい活躍は勿論の事、独自のファッションセンスでファッション誌の表紙を飾り、引退後にも「NEW YORK KNICKS」時代の背番号10が永久欠番とされるだけで無く「NBA」の"50th ANNIVERSARY(50周年)"を記念した"ALL-TIME TEAM(オールタイムチーム)"に於いても、50人の偉大な選手の一人として"バスケットボール殿堂"入りの偉業を成し遂げる等、そのヒストリーは現在に語り継がれています。

そんな当時、インターナショナル品番のみでプロダクトネームすら無かったこの「ブラッチャー(外羽)」タイプの"スウェードモデル"が「アメリカ」市場への進出と「WALT FRAZIER」氏の輝かしい功績によって、現在まで続く「Puma」に於けるコートモデルの礎を築き、同氏との契約終了後にも「PUMA SUEDE(プーマスウェード)」の愛称で継続生産され、最重要な逸足に昇華。

また、80年代のオールドスクールヒップホップシーンやスケートシーンと言ったサブカルチャーとリンクしながらファッションアイコンにも多大な影響を与え、スタイル・ジェネレーション・ジャンルに囚われる事無く、世界中のスニーカーヘッズに愛され続けているマスターピースとして今も尚、その輝きは増すばかり。

時を経て、2007年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデルとして「WALT FRAZIER」氏の肖像画を使用したオリジナル"$札紙幣"を「高解像度デジタルプリント」で表現した「MITA CLYDE(ミタクライド)」や"日章・旭光"から着想を得て具現化された「MITA CLYDE」第2弾モデルが「made in JAPAN(メイドインジャパン)」によってリリース。

2015年にはスニーカーカスタマイズのパイオニアとして世界中のスニーカーフリークを魅了する「シンガポール」発のスニーカーカスタマイズ集団「SBTG(サボタージュ)」と「mita sneakers」がタッグを組んだ「CLYDE CONTACT "First Contact"(クライドコンタクトファーストコンタクト)」が登場。

2016年には「LOS ANGELES(ロサンゼルス)」発のストリートブランド「XLARGE(エクストララージ)」と「mita sneakers」のアニバーサリーコラボレートモデル、そして"オリジナル$札紙幣"の「高解像度デジタルプリント」はそのままに、煌びやかに輝く「RHINE STONE(ラインストーン)」を散りばめた「フォームストライプ(プーマライン)」を追加する事で、コート外での「WALT FRAZIER」氏の華やかなライフスタイルを表現した「MITA CLYDE」第3弾モデルのリリースも記憶に新しい所です。

そんな「Puma」のブランドヒストリーを紐解く上で欠かす事の出来無い不朽の名作「CLYDE」をベースに、無骨なアメリカンカジュアルを体現し"CLUTCH(切り札)"とFACT(事実)"から成る造語で、無数のファッションブランドが存在するこの混沌としたファッションシーンの中での切り札=CLUTCHと、オーセンティックウェアと言う本物のモノ作りを提案して行くと言う揺るぎなき事実=FACT、この2つの言葉を組み合わせてニューベーシックウェアを確立する事をコンセプトにデザイナー「植野 隆充(ウエノタカミチ)」氏が2007年にスタートしたアパレルブランド「CLUCT(クラクト)」と、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデル「CLYDE FOR CLUCT MITA(クライドフォークラクトミタスニーカーズ)」がゲリラリリース決定。

2017年に"10th ANNIVERSARY(10周年)"を迎えた「CLUCT」をセレブレイトする今作は「CLUCT」が、インディゴ染めのデニムをアイコンアイテムとしている事や「日本」で誕生したブランドであると言うアイデンティティを「日本」に古来から伝わる染色法である"藍染め"に着想を得て「スウェード」素材の染色に"天然インディゴ"を使用し、深みのある独特な風合いを放つ逸足に。

そして「フォームストライプ(プーマライン)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」を「ステッチワーク」で表現。

「サイドパネル」には、従来使用されている筆記体の「CLYDE ロゴ」をモチーフに、左足には「CLUCT」そして右足には「mita」を刻印。

「シュータン」の「織りネーム」には、デザイナー「植野 隆充」氏と旧知の中である「Chaz Boj_rquez(チャズボホルケ)」氏が「CLUCT」"10th ANNIVERSARY"の為に書き下ろした「チャズフォント」を配し「インソール(中敷き)」には「Puma」「CLUCT」「mita sneakers」の「ロゴマーク」や「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」が配置され、エクスクルーシブモデルならではのディテールを細かな部分まで反映させています。

更に今回はコラボレートモデルにフックし"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴマーク」が「フロント」と「バック」にプリントされ「襟ネーム」に「CLUCT」「mita sneakers」の「ロゴマーク」や「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE」が配置された「BOA LINED COACH JKT(ボアラインドコーチジャケット)」や「S/S TEE(ショートスリーブティー)」も同時リリース。

時代の変化に流されず「Puma」が誇るクラシカルコートモデルのフィロソフィを色濃く投影しながら、その圧倒的な存在感で数々の時代を彩り、多くのファンを魅了している「CLYDE」。

そんな同ブランドの歴史を反映しながら進化を続ける名機に「CLUCT」と「mita sneakers」のアイデンティティを紡ぎ上げた今作からコラボレート本来の意味や意義を感じ取って見て下さい。

CLYDE FOR CLUCT MITA

通常価格¥ 16000(税抜)

販売価格¥ 16,000(税抜)

品番365818-01

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands