特集ページ
HOME プーマ Puma

プーマ Puma TRINOMIC SOCK NM "STAMPD" "LIMITED EDITION for D.C.5" BLK/WHT

1990年代前半に展開されていた「Puma(プーマ)」が誇るミッドテクランニングモデルの象徴とも言えるテクノロジー「TRINOMIC(トライノミック)」を搭載したシリーズは1993年にリリースされた「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」の躍進により「Puma」の代名詞へと成長。

その後も数々の名作を世に送り出し続け、現在に至る「RUNNING(ランニング)」カテゴリーの礎を築きました。

昨今では2013年に世界連動プロジェクト「CREAM(クリーム)(旧称The LIST)」からリリースされ即完売を記録した「TRINOMIC XT2 PLUS(トライノミックエックスティー2プラス)」を皮切りに、国内では「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」と「BEAUTY & YOUTH(ビューティーアンドユース)」のみでの展開となった「TRINOMIC XT1 PLUS OG(トライノミックエックスティー1プラスオリジナル)」や、2014年7月6日にゲリラリリースとなった「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」と「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「TRINOMIC XT2 "ODELAY"(トライノミックエックスティー2オディレイ)」が即完売になり注目を集めたのも記憶に新しい所。

そんな「TRINOMIC」の系譜である「R698(アール698)」は1991年からリリースが開始され、当時のオリジナルモデルでは「TRINOMIC XT1 PLUS(トライノミックXT1プラス)」の「ソールユニット」が採用されており、現行のモデルとは異なるデザインで展開されていました。

その後「DISC BLAZE」の「ソールユニット」を融合する事で新たなスタイルへと昇華され、現在では世界中のキーアカウントやアパレルブランドとのコラボレーションモデルが続々とリリースされる等、常にフォーカスされ続けているモデルとしても認知されています。

そんな「R698」のアイデンティティを継承しながら「アメリカ西海岸」に位置する「ロサンゼルス」から世界へ向けて独自のサーフカルチャーを発信している最重要ブランド「STAMPD(スタンプド)」との共同プロジェクトモデル「TRINOMIC SOCK NM(トライノミックソックニューマテリアル)」がゲリラリリース決定。

「R698」が持つスポーティーなコンセプトをコンテンポラリーなデザインでラッピングする事によって「機能性」と「デザイン性」を「STAMPD」らしく調和した今作は「アッパー」にスポーティーな「ナイロンメッシュ」に質感高い「ヌバック」や「レザー」を巧みに配置。

そして「シュータン」と「アッパー」が一体化された「モノソック構造」部分には「伸縮性」に優れた「エラスティック」を採用した事で快適でスムーズな足入れを実現しつつ、時代のニーズに答えた再構築を施した事で、様々な世代のスニーカーファンも納得の仕上がりとなっています。

更に「シュータン」や「インソール(中敷き)」には「STAMPD」の「ロゴマーク」が落とし込まれる等、細かなディテールを随所に反映しつつ「シューズボックス」もスペシャル仕様にする事で、エクスクルーシブモデルならではの拘りが尽くされています。

また、当時「Puma」の最新テクノロジーであった「TRINOMIC」は「ミッドソール」に「CELL(セル)」の原型として「衝撃吸収性」や障害防止機能に効果を発揮する優れた「安定性」そして、ハイレベルな「柔軟性」の3つの機能に特化する「ソールユニット」として抜群の履き心地を実現。

その「機能性」の数々は普段のタウンユースにも実用的に作用し、様々な「コンフォート性」を誇る1足へと昇華されています。

独創的な発想で、これまでにも「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出して来た「Puma」。

そんな歴史あるフィロソフィを反映した名機に「STAMPD」のアイデアを融合させる事で完成した今作を是非、この機会に堪能して見ては如何でしょうか。

TRINOMIC SOCK NM

通常価格¥ 20000(税抜)

販売価格¥ 20,000(税抜)

品番361429-02

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands