特集ページ
HOME プーマ Puma

プーマ Puma CLYDE CONTACT "First Contact" "SBTG x mita sneakers" BLK/CAMO

ディアドラ

1968年にトレーニングシューズとして誕生して以来「Puma(プーマ)」が誇る大定番クラシックコートモデルとして不動の地位を築いた「SUEDE(スウェード)」。

1968年に開催された「メキシコオリンピック」の陸上競技200mにて"金メダル"を獲得しながらも、黒人への人種差別に対する"ブラックパワーサリュート(拳を高く掲げブラックパワーを誇示する)"と言う政治的パフォーマンスが引き金となり"金メダル"を剥奪された陸上選手「TOMMIE SMITH(トミースミス)」氏が、表彰台に上がりパフォーマンスの際に脱ぎ置いたトレーニングシューズが数々の歴史の始まりとされており、1970年代に入ると「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」でもトップクラスの人気を誇った強豪「NEW YORK KNICKS(ニューヨークニックス)」にて目覚しい活躍で脚光を浴び、コート外でも独自のファッションセンスで当時のファッション誌の表紙を飾り多くのファンを魅了しながら、引退後にも「NEW YORK KNICKS」時代の背番号"10"の永久欠番や「NBA」の"50周年"を記念した"NBA50周年記念オールタイムチーム"の50人の偉大な選手として"バスケットボール殿堂"入りの偉業を成し遂げた往年の名プレーヤー「WALT FRAZIER(ウォルトフレイジャー)」氏の愛称である"CLYDE(クライド)"を冠したシグネチャーモデルへとストーリーは発展。

当時インターナショナル品番のみでモデル名すら無かったこの「ブラッチャー(外羽)」タイプの"スウェードモデル"が「アメリカ」市場への進出と「WALT FRAZIER」氏の偉大な功績により「Puma」のクラシックコートモデルの礎を築きながら、同氏との契約終了後にも継続生産され最重要な逸足に昇華されました。

また、80年代のオールドスクールヒップホップシーンやスケートシーンと言ったサブカルチャーとリンクしながらファッションアイコンにも多大な影響を与え、スタイルや世代、そしてジャンルに囚われる事無く、世界中のスニーカーヘッズに愛され続けているマスターピースとして今も尚、その輝きは増すばかりです。

そんな名作の「アッパー」デザインを踏襲しながら、80年代にリリースされていた「PUMA SKY(プーマスカイ)」等の「BASKETBALL(バスケットボール)」カテゴリーに使用していた「CONTACT SOLE(コンタクトソール)」を融合して、1993年に「JAPAN SMU(ジャパンスペシャルメイクアップ)」として密かにリリースされていた「C807 CLYDE(C807クライド)」を今コラボレーションプロジェクトの為だけに復刻。

そんな歴史に埋もれた名作をベースに数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」と、今迄にも様々なスポーツブランドとのコラボレーションを実現させ「アジア」を飛び越えて世界中のスニーカーマニアから圧倒的な支持を受けながらグラフィックデザイナーとしてだけでは無く、スニーカーカスタマイズのパイオニアとして世界中のスニーカーフリークを魅了する「シンガポール」発のスニーカーカスタマイズ集団「SBTG(サボタージュ)」がタッグを組み完成したコラボレーションモデル「CLYDE CONTACT "First Contact" "SBTG x mita sneakers"(クライドコンタクトファーストコンタクトサボタージュxミタスニーカーズ)」が待望のローンチを迎えます。

今作は幼少の頃「日本」に訪れていた「SBTG」の「MARK ONG(マークウォン)」氏が、この"日本企画"の「C807 CLYDE」を手にした際に感銘を受けた事から今コラボレーションのベースモデルとして再び復刻。

「アッパー」には、これまでにも様々なスニーカーカスタムを手掛けて来た「SBTG」の代名詞と言っても過言では無い「オリジナルカモフラージュ柄(迷彩)」である「SBTG CAMO(サボタージュカモ)」を「MARK ONG」氏が新たに書き下ろし「特殊プリント」を使って落とし込む事で今までには無かった独創的な風合いを演出しています。

また「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」をベースに「SBTG」の「オリジナルグラフィック」を加え、コードーネーム"FIRST CONTACT"の「オリジナルフォント(文字)」や「mita sneakers」と「SBTG」の「ロゴマーク」が落とし込み具現化。

今コラボレーションの「ブラック」カラーは「mita sneakers / 国井 栄之」がデザインを担当し、世界で「mita sneakers」と「シンガポール」のキーアカウント「LEFTFOOT(レフトフット)」「Limited Edt(リミテッドエディション)」のみ、3店舗限定でのリリース。

「オリーブ」カラーは「SBTG / MARK ONG」氏がデザインを担当し、世界の限られたキーアカウントのみでのエクスクルーシブ展開となっています。

また「PUMA STORE HARAJUKU(プーマストアハラジュク)」にて「11月20日(金) 15:00〜20:00」と「11月21日(土) 15:00〜20:00」の2日間限定で「CLYDE CONTACT "First Contact" "SBTG x mita sneakers"」をご購入頂いたお客様を招待して行われるスペシャルイベント「SBTG CUSTOM PAINTING EVENT(サボタージュカスタムペインティングイベント)」が開催。

今回のコラボレーションパートナーである「SBTG」クルーが来日し、ご購入頂いた「CLYDE CONTACT "First Contact" "SBTG x mita sneakers"」にカスタムペイントサービスを行います。

詳しくは購入者限定で配布される「INVITATION STICKER(インビテーションステッカー)」をご確認下さい。

尚「INVITATION STICKER」の配布に関しましては、枚数に限りがある為、無くなり次第終了となります。

"スニーカーカスタマイズ"のパイオニアとして注目を集め続ける「SBTG」のアイデンティティと、世界屈指のスニーカータウン「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のフィロソフィを融合し、国境を越えたパートナーシップをコラボレートと言う形で体現した「CLYDE CONTACT "First Contact" "SBTG x mita sneakers"」。

時代と共に進化を遂げながら多彩なバリエーションがリリースされ「Puma」のフィロソフィを反映させた名作として、スニーカーヘッズを虜にする「CLYDE」の「JAPAN SMU」として派生した幻の「C807 CLYDE」をベースとした今コラボレーションをその足で確かめて見て下さい。

CLYDE CONTACT

通常価格¥ 15000(税抜)

販売価格¥ 15,000(税抜)

品番360991-02

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands