特集ページ
HOME プーマ Puma

"HIGHSNOBIETY x RONNIE FIEG” "LIMITED EDITION for CREAM"

プーマ Puma BLAZE OF GLORY "A Tale of Two Cities" BLK/RED/YEL

1990年代前半に展開されていた「Puma(プーマ)」が誇るミッドテクランニングモデルの象徴とも言えるテクノロジー「TRINOMIC(トライノミック)」を搭載したシリーズは1993年にリリースされた「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」の躍進により「Puma」の代名詞へと成長。

その後も数々の名作を世に送り出し続け、現在に至る「RUNNING(ランニング)」カテゴリーの礎を築きました。

昨今では2013年に世界連動プロジェクト「CREAM(クリーム)(旧称The LIST)」からリリースされ即完売を記録した「TRINOMIC XT2 PLUS(トライノミックエックスティー2プラス)」を皮切りに、国内では「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」と「BEAUTY & YOUTH(ビューティーアンドユース)」のみでの展開となった「TRINOMIC XT1 PLUS OG(トライノミックエックスティー1プラスオリジナル)」や、2014年7月6日にゲリラリリースとなった「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」と「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「TRINOMIC XT2 "ODELAY"(トライノミックエックスティー2オディレイ)」が即完売になり注目を集めたのも記憶に新しい所。

そんな「TRINOMIC」の系譜である「BLAZE OF GLORY(ブレイズオブグローリー)」は、1993年から展開されていた「XS SPEED(エックスエススピード)」のデザインをベースに改良を加えながら進化させて2006年に待望のデビューを果たす筈でしたが、生産ロットを達成する事が出来ずに生産中止になってしまったと言う逸話もアナザーヒストリーとして語り継がれています。

生産中止にまで追い込まれていた同シリーズを「Puma」を代表する名作にまで押し上げた切っ掛けは、2008年に「オーストラリア」発のスニーカー専門誌「SNEAKER FREAKER MAGAZINE(スニーカーフリーカーマガジン)」の編集者で創始者でもある熱狂的スニーカーフリーク「SIMON WOODY WOOD(サイモンウッディウッド)」氏とのコラボレーションモデルに抜擢され大きな話題を集め、2013年には待望の復刻リリースを果たすも2008年と同様に世界各国にて瞬く間に即完売となる等、近年のスニーカーシーンに衝撃を与えました。

その後「イギリス/ロンドン」を中心にスポーツショップとして"スポーツをライフスタイルに取り入れた人々ヘ向けたスタイル"を提案する「SIZE?(サイズ?)」。

多くのナショナルブランドとのコラボレーションを実現し「スペイン/バルセロナ」を代表するショップとして高い評価を得る「LimitEDitions(リミテッドエディションズ)」。

オリジナルシューズのデザインからアパレルまで多方面で活躍を魅せるニューヨークストリートカルチャーを牽引する最重要ブランド「ALIFE(エーライフ)」。

数多くのナショナルブランドとのコラボレーションで成功を収めている「アメリカ」の老舗スニーカーショップ「Packer Shoes(パッカーシューズ)」等とのコラボレーションモデルが続々とリリースされ、常にフォーカスされ続けているモデルとしても認知されています。

そんな同シリーズをベースに「ドイツ/ベルリン」発のファッションサイト「HIGHSNOBIETY(ハイスノビエティ)」と様々なスポーツブランドとのコラボレーションが話題となった「アメリカ/ニューヨーク」のスニーカーブティック「KITH NYC(キスニューヨーク)」の「RONNIE FIEG(ロニーフィーグ)」氏が提案するエクスクルーシブモデルがゲリラリリース決定。

「HIGHSNOBIETY」の"10th ANNIVERSARY(10周年)"を記念した今コレクションは"A Tale of Two Cities(二都物語)"から着想を得ており「RONNIE FIEG」氏が両都市の空気感や雰囲気をヘリテージモデルに落とし込む事で新たなモデルへとブラッシュアップし具現化。

「アッパー」にはシンプルな「ネイビー」をベースに「レッド」を差し色に落とし込み、質感高い「レザー」に「キルティング加工」や「ホールド性」をサポートする「ベルトクローズ(ベルクロ)」を装着する等、スポーティーなコンセプトをコンテンポラリーなデザインでラッピングする事によって「機能性」と「デザイン性」を「RONNIE FIEG」氏らしく調和。

更に「ベルトクローズ」部と「インソール(中敷き)」には「HIGHSNOBIETY」と「KITH NYC」そして「RONNIE FIEG」氏の「ロゴマーク」が落とし込まれる等、エクスクルーシブモデルならではのディテールが細かな部分まで反映しつつ、独創的なアイデアで新たな価値観を付加させながら「シューズボックス」もスペシャル仕様にする事で、今コラボレーションならではの拘りが尽くされています。

また、当時「Puma」の最新テクノロジーであった「TRINOMIC」は「ミッドソール」に「CELL(セル)」の原型として「衝撃吸収性」や障害防止機能に効果を発揮する優れた「安定性」そして、ハイレベルな「柔軟性」の3つの機能に特化する「ソールユニット」として抜群の履き心地を実現。

その「機能性」の数々は普段のタウンユースにも実用的に作用し、様々な「コンフォート性」を誇る1足へと昇華されています。

独創的な発想で、これまでにも「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出して来た「Puma」。

そんな歴史あるフィロソフィを反映した名機に「HIGHSNOBIETY」と「RONNIE FIEG」氏のアイデアを融合させる事で完成した今作を是非、この機会に堪能して見ては如何でしょうか。

BLAZE OF GLORY

通常価格¥ 23000(税抜)

販売価格¥ 23,000(税抜)

品番360322-01

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands