特集ページ
HOME コンバース CONVERSE

"LIMITED EDITION for STAR SHOP"

コンバース CONVERSE ONE STAR J SP MARIO B "made in JAPAN" RED

1908年に創立者「MARKUS M CONVERSE(マーキスMコンバース)」が、生活拠点としていた「アメリカ/マサチューセッツ州モールデン」の特徴的な"LOCALITY(地域性)"に着目し、降雪量が多く深い森や湿地帯の続く劣悪な環境下でも作業を行う事が出来る"ラバーシューズ"を製造した事から歴史をスタートさせた「CONVERSE(コンバース)」。

創立"100周年"を経過した現在もストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまで、カテゴライズされた枠の中に収まる事無く多種多様な足元のマスターピースをクリエイトし続けています。

現在でも「ALL STAR(オールスター)」「JACK PURCELL(ジャックパーセル)」と言った名作がアップデートを繰り返しながらリリースされ、2012年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が提案する「ALL STAR TYO CUSTOM MADE HI(オールスタートウキョウカスタムメイドハイ)」がゲリラリリースされ即完売を記録。

更に2014年には「CONVERSE」が現在のスニーカーシーンに新たなスタンダードを築き上げる為、過去のアーカイブを現在のシーンに合わせリヴィルドし、新たなマスターピースを造り上げる事をコンセプトに掲げるプロジェクト「TIME LINE(タイムライン)」が始動する等、そのフィロソフィは現在も継承されています。

1968年にリリースされ、当時のプロバスケットボールプレイヤーの8割以上が着用した名作で、現在に至るまで世界中の多くのファンを魅了する永久定番「ALL STAR」に続き、アメリカプロバスケットボールリーグ「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」の発展と共に当時の最上位競技用バスケットシューズとして誕生した「CONVERSE」のスニーカー史に名を馳せる数ある名作の中で、最もブランドフィロソフィを受け継ぐ傑作「ONE STAR(ワンスター)」。

1970年代には多くのブランドが「アッパー」と「ソールユニット」を「接着剤」や「ステッチ」で結合する「セメント製法」の採用を始める中で「耐久性」に優れた「バルカナイズドソール(加硫テープ巻きソール)」に拘り続けると共に「アッパー」に使用された「スウェード」や「スムースレザー」により、激しい動きにも対応する「耐久性」は多くのプロバスケットボールプレイヤーからの支持を集めました。

しかし、使用されていた上質な「スウェード」「スムースレザー」の調達が困難となり、目指すその質の高さ故の製造上の問題と品質維持を理由に1974年から75年の計2年のみの短期間で生産が終了し、幻の名作として語り継がれる事に。

そして、オリジナルモデルのリリースから10年が経過した1984年に明治6年に足袋の生産からスタートし、現在では140年以上の歴史を持つ履物工場「ムーンスター久留米工場」で制作された「made in JAPAN(メイドインジャパン)」にて完全復活。

品質及びデザインは当時の高品質を保ち、更に「アッパー」の煌びやかなツヤは「ガラスコーティング加工」が施された「姫路」の皮革メーカーのモノを生産開始当時から変わらず採用し、この至極の1足を具現化。

21世紀に入った現在も生産の背景とクオリティ維持の為に年間の生産数は限られているものの、毎シーズン様々なバリエーションをリリースする事で多くのファンを獲得し、現在ではタウンユースとして高い評価を受ける同ブランドの代名詞として君臨しています。

そんな「ONE STAR」が2014年に"40th ANNIVERSARY(40周年)"を迎えるにあたり、TVゲームソフトとして1985年にリリースされ、社会現象とも言える空前の大ブームを巻き起こした「SUPER MARIO BROS.(スーパーマリオブラザーズ)」とのコラボレーションモデル第4弾「ONE STAR J SP MARIO B(ワンスタージャパンスーパーマリオブラザーズ)」がリリース。

異なるジャンルの概念を融合して再構築された今作は「アッパーサイド」や「ヒールパッチ」の「スターマーク」を無敵アイテム「スーパースター」へと変更しながら「ヒール(踵)」には「コイン」を表現した「スタッズ」を配置。

「シュータンタグ」には懐かしの「ドット絵」で構成された懐かしのキャラクターを「プリント」する等の「日本」特有のサブカルチャーを「made in JAPAN」で具現化する事によりコンテンポラリーな価値観をプラス。

また「シューズボックス」を「スペシャルボックス」にする事で、今コラボレーションならではの拘りが尽くされた仕様となっています。

2014年に"40周年"と言う節目を迎えた不朽の名作「ONE STAR」に「日本」特有のアイデアを注入しながら新たな価値観を付加した今プロジェクト。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に「SUPER MARIO BROS.」のアイデンティティを融合した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

ONE STAR J SP MARIO B

通常価格¥ 20000(税抜)

販売価格¥ 20,000(税抜)

品番32346732

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands