特集ページ
HOME コンバース CONVERSE

コンバース CONVERSE JACK PURCELL HUNTERCAMO "LIMITED EDITION" LIGHTGRAY

1908年に創立者「MARKUS M CONVERSE(マーキスMコンバース)」が、生活拠点としていた「アメリカ/マサチューセッツ州モールデン」の特徴的な"LOCALITY(地域性)"に着目し、降雪量が多く深い森や湿地帯の続く劣悪な環境下でも作業を行う事が出来る"ラバーシューズ"を製造した事から歴史をスタートさせた「CONVERSE(コンバース)」。

創立"100周年"を経過した現在もストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまで、カテゴライズされた枠の中に収まる事無く多種多様な足元のマスターピースをクリエイトし続けています。

現在でも「ALL STAR(オールスター)」「JACK PURCELL(ジャックパーセル)」と言った名作がアップデートを繰り返しながらリリースされ、2012年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が提案する「ALL STAR TYO CUSTOM MADE HI(オールスタートウキョウカスタムメイドハイ)」や、2015年には創刊10周年を記念した「SHOES MASTER(シューズマスター)」と「mita sneakers」のコラボレーションによる「JACK PURCELL」が読者プレゼント限定で発表され大きな話題に。

更に2014年には「CONVERSE」が現在のスニーカーシーンに新たなスタンダードを築き上げる為、過去のアーカイブを現在のシーンに合わせリヴィルドし、新たなマスターピースを造り上げる事をコンセプトに掲げるプロジェクト「TimeLine(タイムライン)」が始動する等、そのフィロソフィは現在も継承されています。

そんな「CONVERSE」の中でも、1932年から14年連続でバドミントンの"ワールドチャンピオンシップ"を獲得した「カナダ」出身のバドミントン兼テニスプレイヤー「JOHN EDWARD JACK PURCELL(ジョンエドワードジャックパーセル)」氏が開発に参加し、1935年に同氏の名を冠したシグネチャーモデルとしてリリースされた「JACK PURCELL」は、当時最高水準の「快適性」や「耐久性」と言った「機能性」に重点を置き、テニスやバドミントン、そしてスカッシュ等のコート競技用として人気を博し"青ヒゲ"や"スマイル"等の特徴的な愛称は発売当時とほぼ変わらないデザインで現在に至るまで世界中のファンを魅了しています。

近年では、そのバックボーンを軸に多くのカラーリングやマテリアル仕様をリリースする等「CONVERSE」のフィロソフィが色濃く反映されたモデルとして時代のニーズに合わせたアップデートを繰り返し、スニーカーヘッズの足元を支えて来た名品です。

そんなヘリテージモデルに新たな「可能性」を見出し、現代のエッセンスをプラスしたシーズナルモデル「JACK PURCELL HUNTERCAMO(ジャックパーセルハンターカモ)」がリリース。

「JACK PURCELL」をベースにコンテンポラリーなアップデートを加えて誕生した今作は「アッパー」マテリアルに「キャンバス」を採用しながら「ハンターカモフラージュ柄(迷彩)」を落とし込む事で、デザイン面に於いて通常のシリーズとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分までしっかりと反映され、様々なスタイリングの絶妙なアクセントとなるコンテンポラリーな1足へと昇華されています。

また「インソール(中敷き)」には取り外し可能な「CUP INSOLE(カップインソール)」や「ウェーブスリットソール」を採用する等、実生活には必要の無いオーバースペックな「機能性」では無く、様々なライフスタイルにフィットする徹底的に追求された「実用性」を保持する事でタウンユースに於いてそのポテンシャルを実感する事が出来ます。

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「CONVERSE」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「JACK PURCELL HUNTERCAMO」は正にそんな言葉を具現化した1足。

フィロソフィを反映した名機に現代の息吹を吹き込み、懐古主義では無く温故知新としてのアプローチを示した今作の魅力をこの機会に堪能して見ては如何でしょうか。

JACK PURCELL HUNTERCAMO

通常価格¥ 7500(税抜)

販売価格¥ 7,500(税抜)

品番32262857

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands