特集ページ
HOME ナイキ 完売

ノンフューチャーリミテッドエディション

ナイキ NIKE AIR TRAINER I MID PREMIUM WHT/GRY/BLK/GRN

革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作やNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

細分化が進んだ1980年代後半から1990年代のスポーツ市場において、それまで主軸とされていたランニングやバスケットボール等のカテゴリーに加え、頭角を現したスポーツカテゴリー、クロストレーニング。

そんな、新たに発信されるクロストレーニングコンセプトから1987年に「NIKE」が誇るシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」氏がデザインを手掛け、変革の時代に新境地開拓の礎となった「AIR TRAINER I(エアトレーナー1)」がリリースされました。

当時「テニス4大大会」での輝かしい成績や"年間勝率0.965"を打ち立てるなど、数多くの記録を残しカリスマ的存在で人気を誇ったテニス界の悪童「JOHN MCENROE(ジョンマッケンロー)」氏が純粋なテニスシューズでは無い「AIR TRAINER I」を実際にトレーニングや、出場したテニストーナメントで着用した事により「話題性」だけではなく、「AIR TRAINER I」の持つポテンシャルの高さを証明する逸話として今も語り継がれています。

その後、展開された「TRAINER」シリーズではカテゴリーコンセプトとフィールドを選ばないマルチプレーヤーのイメージを重ね合わせ、当時の広告塔として1986年のドラフトで「NFL(ナショナルフットボールリーグ)」の「TAMPA BAY BUCCANEERS(タンパベイバッカニアーズ)」から全米1位で指名され新人選手として最高額となる、"5年/760万ドル(当時)"を提示されたにも関わらず「MLB(メジャーリーグベースボール)」の「KANSAS CITY ROYALS(カンザスシティロイヤルズ)」の指名を選択し話題をさらい、後に「MLB」と「NFL」と双方で結果を残す事でマルチアスリート振りを発揮した「BO JACKSON(ボージャクソン)」氏を起用した事により「AIR TRAINER」の「万能性」を上手く打ち出した巧みなイメージ戦略も当時のトピックとなりました。

更に、現在では「NIKE SB(ナイキスケートボード)」カテゴリーや「HYBRID CONCEPT(ハイブリッドコンセプト)」の先駆けとして「NIKE」と「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」の共同企画から発信された「TRAINER DUNK HIGH 森羅万象 "mita sneakers"(トレイナーダンクハイ森羅万象ミタスニーカーズ)」等のハイブリットモデルのベースとしても起用されている事からもシューズ本来の完成度の高さと様々なシーンに対応出来る「万能性」に疑いの余地はありません。

そんなクロストレーニングカテゴリーのフィロソフィを体現する「AIR TRAINER I」が「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」より満を持して復刻を果たします。

カラーリングには様々なモデルのサンプリングソースとして使用されているオリジナルカラーを採用し、当時を懐かしむスニーカーファンからコンテンポラリーなデザインに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルにとなっています。

これまでにもクロストレーニングカテゴリーからは「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないイノベーティブな名作が数多く輩出されて来ました。そんな同カテゴリーの礎を築き、その歴史の重みを体現する名作を是非、足元から体感して見て下さい。

AIR TRAINER I MID PREMIUM WHT/GRY/BLK/GRN

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 12,000(税抜)

品番317553-100

完売

アルバイト募集

Update

Recommend

Brands