特集ページ
HOME アシックスタイガー ASICSTIGER

"ANARCHY IN THE EDO PERIOD" "sneakerwolf"

アシックスタイガー ASICSTIGER GEL-KAYANO TRAINER WHT/BLK/PPL/RED/YEL

創業者である「Kihachiro Onitsuka(鬼塚 喜八郎)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て日本が世界に誇るスポーツブランドとなった「Asics(アシックス)」。

ブランド黎明期には世界のトップアスリートに自社製品を少しでも試して貰う為、様々なスポーツの大会に同氏自らが先頭に立って積極的なプロモーションを行う等、地道な活動と競技者のニーズを汲み取った製品開発を継続。

そんな当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"から着想を得て、2008年にはスポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版のKirimomi Project(キリモミプロジェクト)がスタート。

オランダ「Patta(パッタ)」を皮切りに、日本「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」、アメリカ「Alife(エーライフ)」「David Z(デヴィットジー)」、ドイツ「Solebox(ソールボックス)」「Koi Club(コイクラブ)」、フランス「Colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信しました。

その後も「Kith(キス)」を始め、各国のキーアカウントからスペシャルメイクアップとしてのリリースは続き、大きなムーブメントを構築。

2014年Fall/Winterシーズンより「Asics」が誇るアーカイブの一つである「Gel-Lyte(ゲルライト)」シリーズが日本でも待望のリスタートを切り、翌年の2015年Spling/Summerシーズンから「Asicstiger(アシックスタイガー)」の名を冠して、ヘリテージモデルの復刻から最新テクノロジーを融合したエボリュ―ションモデルまで幅広いラインナップを従えてブランドリローンチを開始。

更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「Gel-Lyte III(ゲルライト3)」が、2015年に25th Anniversary(25周年)を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「Gel-Lyte III "Trico"(ゲルライト3トリコ)」から世界連動のMonthly Collaboration Project(マンスリーコラボレーションプロジェクト)がスタートし、世界を席巻しました。

そんな同ブランドの中でも安定的な人気を誇る「Gel-Kayano(ゲルカヤノ)」シリーズの初代「Gel-Kayano Trainer(ゲルカヤノトレーナー)」をベースに、様々な分野でフリーハンドの作品を提供しているアーティスト「Sneakerwolf(スニーカーウルフ)」氏とのコラボレートモデルがゲリラリリース決定。

最新テクノロジーを搭載したパフォーマンスシューズとして日進月歩を続ける「Gel-Kayano」シリーズの初代モデルとして1993年に誕生した「Gel-Kayano Trainer」。

他の「Gel-Lyte」シリーズ同様に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に亘り「安定性」を維持出来る「Gel(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用した名作。

また、近年では「Asicstiger」が独自の視点で厳選した世界中のキーアカウントからコラボレーションモデルがリリースされ、シリーズとして25th Anniversaryを迎えた2018年には「mita sneakers」とのコラボレートモデルや最新作となる「Gel-Kayano 25(ゲルカヤノ25)」がリリースされ注目を集めています。

"江戸時代のパンク"をテーマに"1700年代の江戸時代にタイムスリップしたパンク"と言うストーリーを具現化した通称"Anarchy In The Edo Period(アナーキーインザエドピリオド)"と呼ばれる今作は、江戸時代に庶民が贅沢をする事が許されず、派手で光沢のある素材や高貴な色とされていた「パープル」「レッド」「ゴールド」等を身に付ける事さえも制限された江戸幕府が発令した"奢侈禁止令への反発"を表現。

カラーリングには「ホワイト」と「ブラック」をベースに「パープル」「レッド」「イエロー」を細部に配置し、マテリアルには「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」や「耐久性」と「軽量性」を兼備した「シンセティックスウェード」「シンセティックレザー」更には透明感のある「PVC(ポリ塩化ビニール)」を使用。

また、江戸時代を生きた"江戸っ子の威勢の良さ"を表した言葉である"火事と喧嘩は江戸の華"から着想を得た「ファイヤーパターン(炎柄)」の「グラフィック」を「アッパー」全体に施し「シュータン」には「Asicstiger」そして「ヒール」には「A」を其々「Sneakerwolf」氏が生み出したアートワークの一つである「Kanji-Graphy(カンジグラフィー)」で記す等、スペシャルメイクアップモデルならではのディテールを細かな部分まで反映しています。

更に今モデルにフックする形で企画されたアパレルも同時リリース。

ブランドフィロソフィを継承しながら最先端のテクノロジーで日々進化を続ける「Gel-Kayano」シリーズ。

その歴史を継承し、ブランドフィロソフィを反映した名機に「Sneakerwolf」氏ならではのアイデアを投影させた今作をチェックして見て下さい。

GEL-KAYANO TRAINER WHT/BLK/PPL/RED/YEL

通常価格¥ 16000(税抜)

販売価格¥ 16,000(税抜)

品番1193A164-100

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands