特集ページ
HOME パトリック PATRICK

パトリック PATRICK GSTAD "made in JAPAN" NOIR

1892年「西フランス/プソージュ」と言う村の靴職人であった「PATRICK BENETEAU(パトリックベネトー)」氏が息子達と靴を作り始めた事を起点とするブランド「PATRICK(パトリック)」。

フットボールスパイクを中心としたスポーツシューズで高い評価を受け、1980年代にはフットボール「フランス」代表のエースとして活躍し、その輝かしい実績と唯一無二のプレースタイルから"将軍"とも称されたスーパースター「MICHEL PLATINI(ミッシェルプラティニ)」氏にスパイクをサプライするまでに成長を遂げます。

その後も「PATRICK」の象徴とも言える「後足部」の「2本ライン」を1972年頃から採用した事を切っ掛けとし、スポーツカテゴリー枠に留まらず「ヨーロッパ」全土のファッショニスタへと人気は拡がりを魅せ、更なる愛用者を増加させました。

同ブランドは1978年より「日本」での本格展開を開始し、実用的な「機能性」は元より"足元のメイクアップ"をコンセプトとしたスタイリッシュなアイテム群はタウンユースの定番として高い人気を継続し続けています。

そんな歴史あるブランドの中から1970年代の"スポーツシューズ"をデザインソースに、当時使用していた"ライオンマーク"をモチーフにした「ネームタグ」を採用する等、レトロな雰囲気を維持しながらも現代のトレンドをプラスしながら進化を続ける「VINTAGE(ヴィンテージ)」カテゴリーから「PATRICK」の中でもシンプル且つクラシカルなテイストとその馴染み深いデザインで幅広いニーズを獲得している「GSTAD(グスタード)」のシーズナルカラーがリリース。

「アッパー」マテリアルには独特なシボ感が特徴の「ゴートレザー(山羊)」を採用しながら、シンプルなワントーンカラーで引き立たせつつ上品に纏める事で、ソリッドからカジュアルに至る様々なスタイリングにフィットするベーシックな仕上がりとなっています。

また、今モデルは現在のスニーカーシーンでは稀な「日本」で製造されており、細部のディテールに至るまで職人の丹精を尽くした技巧、そして数々の拘りが詰め込まれ具現化されています。

伝統と歴史を紐解きながら「普遍性」を尊重しつつ「PATRICK」のブランドフィロソフィを継承した「GSTAD」のシーズナルカラーを今シーズンのスタイリングに取り込んで見ては如何でしょうか。

GSTAD

通常価格¥ 15800(税抜)

販売価格¥ 15,800(税抜)

品番11701

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands