特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

ブルックス BROOKS BEAST 1 "Enchantment Beast" "mita sneakers" BRN/BLU/ORG

le coq sportif

1914年に「アメリカ/ペンシルバニア州フィラデルフィア」にて「BROOKS GOLDENBERG(ブルックスゴールデンバーグ)」氏がプールや海水浴用のレザー製バスシューズやバレエシューズを生産していたメーカー「QUAKER SHOE COMPANY(クーカーシューカンパニー)」を買収。

そして、後に100年以上続く「BROOKS SHOE COMPANY(ブルックスシューカンパニー)」へと進化を遂げて行きます。

スタートから現在の様にランニングシューズの開発を進めていた訳では無く、シューズカンパニーとしての生産背景をベースに1921年にはベースボールシューズの製造を開始し、1930年にはアメリカンフットボールシューズを開発。

「MAJOR LEAGUE BASEBALL(メジャーリーグベースボール)」に所属する7球団とオフィシャルサプライヤー契約を結ぶ等、様々なスポーツのパフォーマンシューズを発表し当時から「アメリカ」で人気を博すプロスポーツ選手の活躍を支えていました。

1970年代後半から80年代には、それまでに培ったテクノロジーをランニングシューズの開発に費やし、後に名作と語り継がれるモデルを次々と生み出して行きます。

1972年には当時「アメリカ」代表の中距離走トップランナーであった「MARTY LIQUORI(マーティリクオリ)」氏をテクニカルデザイナーに迎え、世界で初めて「クッショニング性」に優れた「EVA(エチレンビニールアセテート)」を"3層構造"で「ソールユニット」に搭載した「VILLANOVA(ヴィラノバ)(現VANGUARD)」を1974年に発表。

「MARTY LIQUORI」氏の出身校であった「VILLANOVA UNIVERSITY(ヴィラノバ大学)」から命名された名品は「機能性」や「デザイン性」に於いて現在のランニングシューズの起源とも言われる程、画期的なアイデアが詰め込まれ多くのシリアスランナーから高い評価を得ました。

世界中のランナーが信頼を寄せ掲載されたシューズランキングが売り上げを左右する評価基準となり、各ブランドの技術開発に多大な影響を及ぼした1966年創刊の「RUNNER'S WORLD(ランナーズワールド)」では、数多くの賞を受賞。

「CHARIOT(チャリオット)」と「VANGUARD(ヴァンガード)」そして「VANTAGE(ヴァンテージ)」等の名作を礎に次代を担うパフォーマンスモデルを開発し続け、2001年にはランニングシューズ、アパレル等の製造に専念する為に「RUNNING(ランニング)」カテゴリー以外の生産及び販売を中止し、ランニングカンパニーとしてリスタート。

最新テクノロジーの開発に尽力する事により、昨今の環境問題にも配慮したミッドソール「BioMoGo(バイオモゴ)」や、ランニング時の衝撃を感知し状況に応じて「クッション性」を変化させる「BROOKS DNA(ブルックスディーエヌエー)」を発表。

テクノロジーの開発を続けると共に、2011年には「アメリカ」市場のランニング専門店マーケットに於いて1位のシェアを獲得し、現在もトップに君臨し続けています。

また創立"100周年"を迎えた2014年には「BROOKS HERITAGE(ブルックスヘリテージ)」として過去の名作を復刻リリースした事で、ファッションシーンにも新たなアプローチを仕掛けて注目を集めています。

そんな同ブランドから誕生した名作「BEAST(ビースト)」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデル「BEAST 1 "Enchantment Beast"(ビースト1エンチャントメントビースト)」がローンチを迎えます。

90年代を象徴する様な先鋭的な「デザイン性」や着地から蹴り出しまでのスムーズな足の動きを補助する「モーションコントロール性」を誇るランニングシューズとして人気を博し、抜群の「クッショニング性」や優れた「耐久性」で"シンスプリント"と呼ばれるランナーが抱える問題の1つである症状を和らげる為にスポーツドクターから処方されるシューズとしても高い評価を得た名作。

1993年にオリジナルモデルがリリースされてから現在に至るまで「BEAST」シリーズとして進化を続けながら今も尚、シリアスランナーから愛用されています。

今作は「アメリカ」発のスポーツブランドとして"獣(ビースト)"の様な体重を持つ、ヘビーウェイトランナー向けのパフォーマンスシューズとして開発された事から「BEAST」と名付けられたとされるプロダクトストーリーを紐解く事から着想を得たカラーリングとマテリアルを採用。

「アッパー」各所にカラートーンの異なる「ブラウン」の「ピッグスキンスウェード」を配置した事で、独創的なコントラストと新たな魅力を付加しながら「ヒール(踵)」の「TPU(熱可塑性ポリウレタン)スタビライザー)」や「ソールユニット」には鮮やかな差し色を散りばめて、そのデザインソースをストレートに表現しています。

更に「インソール(中敷き)」には「BROOKS」や「mita sneakers」の「ロゴマーク」、そして今モデルの世界観を後押しする"棘(いばら)"をイメージした「オリジナルグラフィック」と「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」や"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」を組み合わせ作成された「オリジナルグラフィック」が「プリント」にて施して具現化。

そして、デザインコンセプトを体現する「スペシャルシューズボックス」を使用するなど、通常のシリーズとは一線を画したコラボレーションモデルならではの拘りが細かな部分までしっかりと反映されています。

創立100年が経過した現在も飽くなき探究心で進化を続ける「BROOKS」の名作に「mita sneakers」の独創的なアイデアを融合させた「BEAST 1 "Enchantment Beast"」。

その長い歴史やブランドフィロソフィを体現する稀代の名作を是非、足元から体感して見て下さい。

BEAST 1

通常価格¥ 18000(税抜)

販売価格¥ 18,000(税抜)

品番1102241D-280

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands