特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

"CHEMIST CREATIONS"

アシックス ASICS GEL-FUJITRABUCO 7 SPS C.GRY/BLK/WHT

創業者である「Kihachiro Onitsuka(鬼塚 喜八郎)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から歴史をスタート。

その後「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て、1977年に日本が世界に誇るナショナルスポーツブランドへと成長を遂げる「Asics(アシックス)」へと改名。

ローマの風刺作家である「Decimus Junius Juvenalis(デキムスユニウスユウェナリス)」氏の格言である"Mens Sana In Corpore Sano(健全な精神は健全な肉体に宿る)"をブランド名の由来とし、躍動する精神と言うブランドコンセプトに基いて、原典ではMensで表現している箇所をより動的な意味を持つAnimaに置き換えて"Anima Sana In Corpore Sano"とし、この格言の頭文字「Asics」を社名として採用。

その後、数々の画期的なプロダクトを開発した事で多くのアスリートから支持を集め、1956年に開催されたメルボルンオリンピックでは日本選手団用トレーニングシューズとして正式採用される等、飛躍を遂げました。

一時はスポーツシューズブランドとしての技術を軸に事業の多角化に経営方針を転換させて行きましたが、1964年の東京オリンピックに照準を合わせ本来の事業であるスポーツシューズ開発に注力し、真摯にユーザーと向き合いながら求められるプロダクトを生み出して行く事に全精力を注いで行きます。

そして1964年の東京オリンピックでは世界中のアスリートに同社のプロダクトを履いて貰う為のプロモーション活動"錐揉み(キリモミ)"が功を奏し、多くの着用アスリートが様々な競技でメダル獲得に貢献し、世界的なスポーツシューズブランドとして躍進するターニングポイントとなりました。

現在も創業者から語り継がれるフィロソフィは脈々と受け継がれ、2020年に開催される東京オリンピックに於けるスポーツ用品部門唯一のゴールドパートナー契約を結んだ事により、更なる飛躍とスポーツ発展への貢献が期待されています。

そんな同ブランドより、2013年から始動し本格的なレースからトレーニング迄を網羅するトレイルランニングギアを展開する「Asics FujiTrail Collection(アシックスフジトレイルコレクション)」から誕生した「Gel-Fujitrabuco(ゲルベフジトラブーコ)」シリーズの最新モデルに防水機能を備えた「Gel-Fujitrabuco 7(ゲルフジトラブーコ7)」から、上海生まれの新進気鋭デザイナー「Yixi Chen(エチレン)」氏がロサンゼルスにて立ち上げて"化学者達が様々な物質を組み合わせ未知なる新たな物質を生み出す様にデザイナー達が様々な素材から再構築し新たな視点でファッションを定義する"をコンセプトに化学物質であるエチレンの化学式である"C2H4"から命名されたファッションブランド「C2H4(シーツーエイチフォー)」から派生したレーベル「Chemist Creations(化學製品/ケミストクリエーションズ)」が提案するスペシャルメイクアップモデルがゲリラリリース決定。

これまで様々なジャンルのパフォーパンスシューズの開発によって培ったテクノロジーをTrail Running(トレイルランニング)カテゴリーに反映させる事で誕生した「Gel-Fujitrabuco」シリーズの最新モデル「Gel-Fujitrabuco 7」は、近年のランニングブームと共に競技人口が増加しているTrail Runningを始め、様々なアウトドアアクティビティに対応可能なモデルとして誕生。

「ソールユニット」には着地時の「安定性」を高めるスポンジ材として「Solyte(ソライト)」を使用し「ヒール(踵)」に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に亘っての「安定性」を維持出来る「Gel(ゲル)」ユニットを内蔵しながら、悪路に強い「グリップ性」を誇る「Asicsgrip(アシックスグリップ)」と名付けられた「アウトソールパターン」を搭載。

更に「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化した「オープンセルポリウレタン」を使用する事で常に履き心地の良いドライ感を保ちながら、無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし「通気性」や「防臭性」に優れる「OrthoLite(オーソライト)」社製の「インソール」を設置。

今作のスペシャルメイクアップモデルは「アッパー」に「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」や「耐久性」と「軽量性」を兼備した「シンセティックレザー」と「シンセティックスウェード」を使用しながら「シューレース」を「ドローコード」に変更し、様々なライフスタイルにもフィットする「実用性」とのバランスを考慮した事で、タウンユースに於いてもそのポテンシャルをフルに体感する事が出来ます。

更に「ヒール」「インソール」には「Chemist Creations」を意味する"化學製品"のフォントや「ロゴマーク」を配す等、スペシャルメイクアップモデルならではのディテールを細かな部分まで反映しています。

「Asics」のブランドフィロソフィを継承しながら最先端の発想で進化を続ける「Gel-Fujitrabuco」シリーズ。

スポーツブランドとしてのテクノロジーを内に秘めながら、トレイルランニングモデルとしてだけでは無くタウンユースとしても類い稀なポテンシャルを発揮する最新機種に「Chemist Creations」ならではのアイデアを投影させた今作をチェックして見て下さい。

GEL-FUJITRABUCO 7 SPS C.GRY/BLK/WHT

通常価格¥ 20000(税抜)

販売価格 ¥ 20,000 (税抜)

品番1021A257-025

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands