特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE BLAZER HIGH SUEDE VINTAGE QS PPL/PINK/ORG/NVY/YEL/WHT

1972年にバスケットボールカテゴリーに参入した「NIKE(ナイキ)」。当時、リリースされた「BRUIN(ブルーイン)」や「GEORGE GERVIN(ジョージガービン)」に着用されていた「BLAZER(ブレーザー)」は1982年にリリースされた「AIR FORCE 1(エアフォースワン)」が発表されるまでの約10年間「NIKE」のバスケットボールカテゴリーの布石となり重要な役割を担っていました。

そして70年代後半から80年代に「VANS(バンズ)」や「HOBIE(ホビー)」がスケーターの足元を支えていた当時、更なる「クッショニング性」を求め注目を浴びたバスケットボールシューズ。

中でも「BLAZER」は"スケート界のCHUCK BERRY(チャックベリー)"と呼ばれた「TONY ALVA(トニーアルバ)」が愛用し、1979年の「ヨーロッパ」ツアーで着用していた事でも有名で70年代のスケートムーブメントを描いたドキュメンタリー映画「LORDS OF DOGTOWN(ロードオブドッグタウン)」でも当時の映像が再現されています。

更には「THRASHER MAGAZINE(スラッシャーマガジン)」の創刊号のイラストに使用された事で活躍の場をバスケットコートからストリートへと拡大。その後、 90年代に入りアメカジブームやヴィンテージスニーカーの価値高騰から再度注目が集まり、待望の復刻を果たしました。

昨今では、そのバックボーンを軸にスケートボードラインやハイブリッドモデルをリリースする等、「NIKE」のフィロソフィーが色濃く反映されたモデルとして時代のニーズに合わせたアップデートを繰り返しスニーカーヘッズの足元を支えてきた名品です。

そんな「BLAZER(ブレーザー)」の中でも圧倒的な人気を誇る、その当時のシルエットや風合いをそのままに再現した「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズから「LIMITED EDITION for NON FUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりNewカラーが追加リリース。

「NIKE」が誇る最先端の加工技術を用い具現化した「VINTAGE」シリーズのバリエーションはカテゴリーを越え拡大の一途を辿っています。今作も好評を得たシリーズと同様に「ミッドソール」には"経年変化"を表現した「エイジング加工」を施し、"デッドストック"の様な風合いとシルエットを新たな「ラスト(靴型)」で再現。

更に今作はクラシカルな風合いと色合いを放つ「スウェード」を「アッパー」全体に使用する事で「BLAZER」が持つクラシックなフォルムを際立たせながらも、カラーリングには「パープル」「オレンジ」「ネイビー」「イエロー」「ピンク」を巧みに組み合わせたクレイジーカラーを採用する事でコンテンポラリーな魅力を付加しています。

バスケットカテゴリーから誕生しながらもスケートシーンなど様々なカテゴリーで注目を浴び今もなお、タウンユース市場において「NIKE」のフィロソフィーを反映させる事で名作の存在意義を再提案する名作をこの機会に堪能して見ては如何でしょうか。

BLAZER HIGH SUEDE VINTAGE QS PPL/PINK/ORG/NVY/YEL/WHT

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 12,000(税抜)

品番508220-010

完売

アルバイト募集

Update

Recommend

Brands