特集ページ
HOME アシックス asics

アシックス asics GEL-LYTE III S.BGE/S.BGE

2008年に世界連動にて大きな展開を魅せた世界的プロジェクト「asics・Onitsuka Tiger / KIRIMOMI PROJECT(アシックス・オニツカタイガー/キリモミプロジェクト)」に置いて「日本」発信モデルとなる「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」企画のオフィシャルコラボレーションモデルとしても起用された「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」。

「asics(アシックス)」を象徴するクッショニング機能「GEL(ゲル)」を搭載した今作は、「オランダ」の「PATTA(パタ)」、「アメリカ」の「ALIFE(エーライフ)」「David Z(デヴィットジー)」、「ドイツ」の「KOI CLUB(コイクラブ)」「solebox(ソールボックス)」、「フランス」の「Colette(コレット)」などなど、各国のキーアカウントと共に、スポーツとファッションやサブカルチャーを結びつける新たな試みとして大きな話題を呼び、その勢いと各国から発信されるコラボレートモデルは今後も沢山予定されています。

そんな多くの別注企画のベースモデルとして多くの名作を生み出してきた「GEL-LYTE III」が満を持してが「日本国内」での正規展開がスタートし、待望の追加カラーがリリース。

オリジナル発売当時「ホワイト」をベースとしたスポーティーな配色と斬新な機能デザイン、更に3つの特殊機能で人気を博した名作。

その特徴は1つ目には「クッショニング性」重視のランニングシューズのトレンドから90年代初頭に掛けて「アッパー」の「フィッテング性」にフォーカスされ始め、「BADLIB SYNDROME(バッドリブシンドローム)」と呼ばれる長距離ランナーにとって常に付きまとうリスクを最小限に抑える為に開発され、「シュータン」が左右に移動するのを防止し、足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新機能「THE SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を搭載(因みに、このデザインは翌年に発売された某ブランドのスニーカーに大きな影響を与えたと言われています)。

2つ目に通常の3倍密度である成型「ミッドソール」の「後足部」に「GEL SHOCK(ゲルショック)」を装着し、「衝撃吸収緩衝性」を飛躍的に向上させた機能。そして最後に「中足部」の内側と外側に付けられた「フレイム」と「ヒールカウンター」の外側に付けられた「成型PVCスタピライザー」が後足の動きをコントロールする事で、多種多様なランニングスタイルにも対応。その数々の独創的で実用的な機能はランニングユースだけではなく、タウンユースにも実用的に発揮され、独特の造形美は様々なスタイリングの足元に軽快なアクセントを齎してくれます。

2011年FALL/WINTERシーズンの今作は、"ワークブーツ"からインスパイアされたデザインを採用し、使い勝手の良い「シンセティックレザー」を「アッパー」全体に使用する事で独特な風合いを醸し出し、更に「ステッチ」や「シューレース」などの細部に至るまで拘りを散りばめる事でその雰囲気を巧みに醸し出し、季節感を演出した巧みなディテールに仕上がっています。

「KIRIMOMI PROJECT」で再度注目を集め、世界を魅了した独創的な発想が生み出した「機能性」や機能美など、「日本」ブランドのアイデンティティとフィロソフィを集約させた今作を是非、堪能して下さい。

GEL-LYTE III S.BGE/S.BGE

通常価格¥ 11000(税抜)

販売価格¥ 11,000(税抜)

品番TQA225-0505

完売

アルバイト募集

Update

Recommend

Brands