特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ノンフューチャーリミテッドエディション

ナイキ NIKE AIR MAXIM 1 TRAINER ND 「BLACK PACK」 BLK/BLK

1987年に「NIKE(ナイキ)」が誇るシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」の手により、彗星の如くスポーツシューズ業界にリリースされた「AIR MAX 1(エアマックス1)」。

「AIR MAX」を製作する段階で新しい「エアクッション」を内蔵するスニーカーデザインを求め世界を旅し、「パリ」にある有名な建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」のあえて剥き出しにした内部構造とヴィビッドカラーで塗られた外観に衝撃を受け、「AIR MAX」の革新的なコンセプトとも言えるテクノロジーのビジブル化が具現化され「ミッドソール」の中に内蔵する方法で隠されていた「エアクッション」というテクノロジーが見える様に"窓"を設けた「ビジブルエア」が完成。目で見て確かめられるテクノロジーやカラーリングは、当時ランニングシューズのイメージや歴史を塗り替える全く新しいランニングシューズとして衝撃を与えました。

そんな「TINKER HATFIELD」の奇抜な発想により完成した「AIR MAX 1」が「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」として新たなリ・スタートを開始。「AIR MAX 1」をベースに最新のテクノロジーをフュージョンさせ具現化された「AIR MAXIM 1(エアマキシム1)」が話題を呼ぶなかリリースされ好評を博した、アップデートモデル「AIR MAXIM 1 TRAINER(エアマキシム1トレーナー)」のニューカラーが「LIMITED EDITION for NON FUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりリリース。

デザインベースは初代「AIR MAX 1」を継承しながらも全ての面に置いてアップデートが施され、「サイドパネル」には高い「軽量性」を持ちながら「耐久性」と「安定性」を供給する新製法「FLY WIRE(フライワイヤー)」から派生した「TPU製サイドパネル」、「ミッドソール」には「軽量性」と「反発弾性」に優れた「ファイロン製ミッドソール」を装備。更に走行データ等の情報が「iPod(アイポッド)」と連動して表示できる「NIKE+(ナイキプラス)」にも対応し、パフォーマンスに優れたシティーランニングモデルとしても昇華されています。

今作の最大の特徴である「フォアフットストラップ」は細分化が進んだ1980年代後半から1990年代のスポーツ市場において、それまで主軸とされていたランニング・バスケットボール等のカテゴリーに加え頭角を現したスポーツカテゴリー"クロストレーニング"において新境地開拓の礎となり「NIKE」が誇る歴史的名作となった「AIR TRAINER 1(エアトレーナー1)」から継承しています。

今作のニューカラーは2010年HOLIDAYシーズンのキーカラーとなる、ミニマルなモノトーンカラーを採用した「BLACK PACK(ブラックパック)」とフックした「ブラック」のワントーンカラーを纏いリリース。

様々なバリエーションでシーンを牽引し、タウンユースに置いて実用的な「機能性」で「ヨーロッパ圏」を中心に高い支持を獲得し、シーンの主軸となっている「AIR MAX 1」。そんなランニングカテゴリーの礎を築いたシリーズ初代のルックスを被った最新のハイテクノロジーモデルとクロストレーニングカテゴリーの代表作「AIR TRAINER 1」のクロスオーバーが表現するリヴィジョンをこの機会に体感して見ては如何でしょうか。

AIR MAXIM 1 TRAINER ND 「BLACK PACK」 BLK/BLK

通常価格¥ 15490(税抜)

販売価格¥ 15,490(税抜)

品番375295-002

完売

アルバイト募集

Update

Recommend

Brands