ナイキ NIKE TERMINATOR HIGH PREMIUM TZ 「RIVAL PACK / UENO vs HARAJYUKU」 「AMEYOKO」

2001年「東京/上野」の3店舗「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」 「山男フットギア」「THE ATHLETES FOOT(アスリートフット)」のみで「CITY ATTACK(シティアタック)」としてリリースされた「AIR FOOTSCAPE(エアフットスケープ)」を皮切りに、2004年日本の四季の表れとして愛され続け、春を象徴する国花"桜"をモチーフに「木製スペシャルボックス」に収められ上野地区限定でゲリラ発売された「AIR FORCE 1 UENO "SAKURA"(エアフォースワンウエノサクラ)」。2008年「福岡・名古屋・大阪・上野」の各都市で展開された「ご当地ダンク」シリーズ第3弾として「上野」を語る上で欠かす事の出来ない「東京都恩賜上野動物園(上野動物園)」の「熊猫(パンダ)」からインスパイアされた「DUNK HIGH PREMIUM '08 QK UENO PANDA(ダンクハイプレミアム08クイックストライクウエノパンダ)」。そんな多くの名作を投下してきた「CITY ATTACK(シティアタック)」より遂にニューモデルがドロップです。今シーズン「NIKE(ナイキ)」が掲げるシーズンテーマ「RIVAL(ライバル)」。「ニューヨーク」と「ロサンゼルス」から選抜されたアーティストやディレクターがカラー提案を行い、東西対決をする「EAST vs WEST(イースト対ウエスト)」のシリーズや時を同じくして開発されたモデル群の同時復刻リリースなど、「RIVAL」に見立て展開した今シーズン、そんなテーマの元、今回登場する「東京」の「CITY ATTACK」は70年代から80年代のアメカジブームの流れを汲んだスニーカーショップが今もなお数多く軒を連ね、ジャパニーズスニーカーカルチャーの伝統を象徴する街「上野」と進化し続けるスニーカーの中心地としてトレンドを発信する街「原宿」、この双方を「RIVAL」と位置づける事で「上野 vs 原宿」というコンセプトを掲げ「RIVAL PACK(ライバルパック)」として「TERMINATOR HIGH PREMIUM(ターミネータ-ハイプレミアム)」をベースに企画が進行。1985年にカレッジカラーを採用し、ノンエアバスケットシューズとして誕生した「TERMINATOR」。同年に発表された「DUNK(ダンク)」と共に、オンコートのみならずコアなファッションフリークを虜にし、オフコートでも絶大な支持を得ました。更に90年代前半のヴィンテージデニム・ヴィンテージスニーカーの流れに乗りスニーカーの「希少性」や歴史的背景など、機能とは別の付加価値を追い求め、ヴィンテージモデルの代表格として評価され、中でも"DEAD STOCK(デットストック)"と呼ばれる新品未使用のモデルには高い価値を見出し、今では考えられないほど高額な金額での取引も行われ社会現象にまで発展した名作。2008年には85年当時のオリジナルモデルを現在の「ヴィンテージ」加工技術を駆使し、完全再現した「BE TRUE YOUR SCHOOL(ビートゥルーユアスクール)」の登場で三度注目を集め、更に今作ではシューズ内部にアップデートを施し「インソール」に「ZOOM AIR(ズームエア)」を搭載する事で更なる飛躍を遂げています。「東京」の下町「上野」から"東京スニーカーカルチャー"を発信する「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」を中心に「上野」エリアで展開される「TERMINATOR HIGH PREMIUM」は第2次世界大戦後、米軍物資放出品や軍払い下げ品の闇市が多く見られた事から「アメヤ横丁」という呼び名が付けられたという説が有力な「アメ横」で販売されている"ミリタリーウェア"からインスパイアされています。洗練された「ブラック」をベースに「トゥ(爪先)」「シューホールガード」「ヒールパッチ」に「バリスティックナイロン」、「フロント」部「スウッシュ」には「リップストップナイロン」、「サイドパネル」「シュータン」には「通気性」に富んだ「ナイロン」素材、「ミッドソール」「パイピング」には「リフレクター(反射素材)」を巧みに組み合わせ具現化。更に「アメリカ空軍(UNITED STATE AIR FORCE/USAF)」が公式イベントの際に左胸に授章した勲章を表す「リボン」付ける事からインスパイアされデザインされた華やかな「グラフィック」を「ヒール(踵)」と「ライニング(履き口)」にデザインとして落とし込んでいます。ミリタリーウェアに見られる"ワッペン"をモチーフに「上野」モデルには左足「ヒールロゴ」に「UENO(上野)」・右足に「AMYK(AMEYOKO/アメ横)」の「ワッペン(取り外し可)」が付属する他にもエクストラとして通常の「NIKEロゴワッペン」も同封し、その時の気分によってカスタマイズする事も可能です。また「インソール」にそれぞれの街の略図がプリントされ「CITY ATTACK」ならではのスペシャル仕様となっています。世界屈指のスニーカーシーンであり、様々な歴史に彩られ現在も進化を続ける「上野」と「原宿」をフィーチャーした「CITY ATTACK」「RIVAL PACK / 上野 vs 原宿」を是非、堪能して見て下さい。

スニーカー特集ページ バックナンバーはこちら