ニューバランス new balance MT580 「HECTIC x mita sneakers」 「第16弾」

1999年より構想がスタートし、発売当時では画期的であったショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "HECTIC x mita sneakers"(MT580"ヘクティックxミタスニーカーズ")」。本来「MT580」とはUSで発売されていた「M585 "Made in USA"」の日本改良品番であり、「M576」や「M1300」等が支流であった当時のシーンではそのポテンシャルの高さや魅力を不特定多数のコンシューマーに示す事の出来なかった悲運の名作。「M576」同様にオフロード用トレイルランニングモデルである「MT580」は着地面積の広いフラットな「ソール形状」が特徴的で、卓越した「安定性」を齎す軽量で堅固なグラファイト素材「ROLLBAR(ライトウェイトグラファイトロールバー)」を採用する事により、足の沈み込みを防ぎ、その他にも優れた「クッション性」と「軽量性」を満たす「C-CAP(シーキャップ)」や「安定性」に優れた素材の中に衝撃吸収材を封入した「ENCAP(エンキャップ)」構造を組み合わせる事により、タウンユースでも実用的な「機能性」を持ち合わせています。発売当時、日本やNYCのストリートシーンでは都会で履く「URBAN TRAIL」スタイルが徐々に広がり始めていた頃でもあり、秘かなムーブメントを牽引するモデルとしては半歩早かったこのモデルですが「MT580 "HECTIC x mita sneakers"」が数々のアイテムやサブカルチャーを吸収し具現化したプロダクトの登場により、日本を飛び越えアジアは勿論、その他海外のスニーカーヘッズに絶大なる支持を得るまでに成長を果たしました。節目となる第10弾を越えて昨年2008年に「Re START」を切った「MT580」第2章。そして今年2009年にシリーズ第16弾を迎える今作は「realmadHECTIC」のアパレルラインでも多用されている「グラデーション」を駆使し、パーツ毎で色分けした配色とは一線を画した仕上がりとなっています。現在市場で好評を博している「MTG580 "GORE-TEX" "LIMITED EDITION"」に採用されている「ドットグラデーション」とは異なり、濃淡が細やかに表現され、より自然な「グラデーション」を表現しています。また、「グラデーション」に添ったカラーリングを施した「シューレース」や「ラメ加工」を施した「プラパーツ」、前シリーズで好評だった「アッパー」の「Nマーク」や「ヒールパッチ」に採用した「型押しラバー」。「シュータン」部に設置した「リフレクター」の「シューレースガード」、往年ファンには懐かしいブランドロゴが刻まれた「ラバーフラッグ」の「シューアクセサリー」を付属する等、細やかな点に新しいアイディアや旧モデルからサンプリングした「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」"温故知新"な拘りが込められています。数々のアイテムやサブカルチャーからインスパイアされ具現化されてきたモンスターコラボレーション「MT580 "HECTIC x mita sneakers"」の最新作をご堪能下さい。

スニーカー特集ページ バックナンバーはこちら